FC2ブログ

陶芸家のテレビ番組を見て以来、気になっておった、

陶器と磁器について調べてみた。

一般には、陶磁器=焼き物と、
一括りにされておるのじゃが・・・・・

陶器は、粘り気をおびた土「陶土」を焼いて作った物で、
素焼きの状態では褐色の物が多い、
代表的な物が、「備前焼」「益子焼」じゃと。

磁器は、陶石と呼ばれる石を砕いて粘土質になった「磁土」
を焼いて作った物で俗に「瀬戸物」と呼ばれとる物じゃそうな。

磁器の方が高温で焼くため、硬くて薄いし破損しにくい。
地肌が白く表面が滑らかじゃで、細かい絵付けができる。
そのために、
家庭にある食器の殆んどが、磁器じゃそうな。


以下が「見分け方」じゃそうな

その1
  箸で叩いてみる
  磁器は「ボコッ」、磁器は「キンッ」という感じの音がする。

その2
  お茶を入れてみる
  磁器の方が陶器に比べて熱伝導率が高いので、
  熱くなりやすい。

その3
  光を当てて見る
  磁器の方が透けて見える。

ちなみに、
 陶器、磁器、どちらも作る人は、
 「陶芸家」または「陶工」と言うそうじゃ。


スポンサーサイト