FC2ブログ
   名前を知らんかったのじゃが、
   時々見かけて、気になっておった花がこれじゃ。


    201307ハマユウa


    201307ハマユウb


    201307ハマユウc


    201307ハマユウd



   最近になって、やっと、わかったのじゃが、
   これは「ハマユウ」の花じゃと。


 Netの辞典によると…

  ハマユウ(浜木綿)
   
   ヒガンバナ科の海浜生の多年草。植物学上の和名はハマオモト
   (浜万年青)であるが、一般にはハマユウのほうが通りが良い。

   偽茎は直立し、高さ30~50センチメートル。葉は鱗茎(りんけい)
   状に重なり合い、内部は白く、木綿(ゆう)白い幣(ぬさ)を思
   わせるので、ハマユウの名がついた。

   花は7~9月、花茎の先に十数花集まって開き、芳香がある。

   白色で花筒は長さ5~6センチメートル、花被片(かひへん)
   は長さ7~9センチメートル。

   秋に花茎が地上に倒れ、やや球状で直径が2~3センチメートル
   の種子をまく。

   分布の北限界は平均気温15度の等温線とほぼ一致し、それを結
   んだラインを小清水卓二はハマオモト線と名付けた。

   
     と、言うことじゃそうな!!!




スポンサーサイト